省エネでまこん機能

更新日 2022年1月

以下は「省エネでまこん」の主な機能です。
グラフなど見える化の具体的なイメージは、こちらをご覧(シミュレーション)ください。

分類 機能 特徴 目的・効果など グラフなど
デマンド管理
 
 
 
 
デマンド予測 ・遮断可能な負荷との関係により最適タイミングで警報出力
・警報はメールでも案内
最適なデマンド制御により契約電力の抑制・下げ期待
スマートデマンド(ヒストグラム) 上位デマンドの発生頻度 デマンド目標値を決める上での参考となる。本例では上位6件を抑えると、契約電力は17kW下がることになる
上位デマンドの曜日別発生件数 特定の曜日と関連性はないか。本例では火曜日と水曜日に頻発
上位デマンドの時間別発生件数 時間との関連性。本例では10時と14時頃に大きなデマンドが発生
上位デマンドのリスト表 上位順に並べた表。この表に基づいて30秒での受電記録を確認するとその時の様子が覗える
計測
 

 受電電力の計測 ・30秒間隔で表示 ・デマンド管理(要因分析)に利用
・短時間の変化量が把握できるため、正確な分析、省エネ効果の把握に役立つ
 各種の計測 ・個別機器の電力
・圧力、流量、温度など
・5分間隔で表示(最小1分)
・MODBUS/RTU(省配線、無線にも対応)
・複数計測データの一元管理
・短時間の変化まで観察
・自動収集
 
温度・湿度 10分間隔で表示 付近の温度・湿度
計測値の保存 3年間保存 必要に応じて読出し、比較など分析に使用
分析

 
過去データとの比較 ・過去データ(蓄積)の再現
・過去データとの比較(最大5点)
・エネルギー使用における問題点発見(同程度の使用にも関わらず1年前と異なる)
・WEB画面で比較検討
3年間保存(※2)  計測データの表示・保存単位
・30秒、5分(1分まで可)
・30分
・1日
・1か月
 ・省エネ対策効果の把握
・保存データは素早く再現。確認・比較など分析に利用

計測データの応用 アワーメータ、合計値、効率グラフなど ・電力計測であれば関連する機器の合計を表示など
・分析の視点が広がる

(図中、Excelグラフははめ込み)

集計グラフ ・1週間ごとの集計
・日ごとの集計(月間)
・月ごとの集計(年間)
年間のエネルギー消費状況は、土日の影響を受けにくい週単位の集計の方が判断しやすい
表示 いつでも、どこからでも確認できる ・リアルタイム表示(※1)
・場所や時間を問わない
・スマホ・タブレット等に表示
・データは全てグラフ表示
必要な時にすぐに確認 省エネでまこん
グラフ軸 ・オートスケール
・第二軸も利用
第一軸にコンプレッサ電力、第二軸にエアー流量
 制御  工場内の機器・設備の制御  ・パソコンやスマホ等から工場内の機器を制御・制御結果は記録  例えば、離れた所から照明を消灯、点灯あるいは設定データを変更など  
 保安・電気管理  電気設備の管理 ・電気の使用に関しての異常の判断

・過大電力(絶対量、瞬時変化量)の検出

・受電電力は30秒ごとに記録に残る(目視、手書きとは異なる)

・ただちにメール報知
・問題ならば、早めの対応を

 受電電力のリアルタイム表示  2~3秒の遅れ(※3)はあるが、受電電力の大きさ、変動をビジュアルに表示(メーターのイメージ)  高圧盤等のパネル計器と同等機能  

※1 標準で約60秒程度の遅れがあります
※2 30秒、5分間隔での計測は除きます
※3 通信状況や端末の性能等により異なります